キラキラ しゅわな空☆

アクセスカウンタ

zoom RSS 6月ろう者学セミナーについて 続き☆

<<   作成日時 : 2011/06/28 11:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

4人の発表者の中で、印象に残ったのは


「声を出さなくなって、良かったこと」の内容。


・社会に出た時に、周りの人たちが耳が聞こえないんだとすぐにわかり
 
 筆談で対応してくれる

・手話を学びたいという気持ちを持つ人が増える

・後輩たちが、ろう文化や手話について興味、または自覚し始めてくれること

・声を出さずに手話の方が、表情も豊かになり感情を素直に伝えられる


また別の発表者も

・声付き手話だと自分の思いが上手く伝えられない

 手話もごちゃごちゃ、中途半端になる



・・・・で、今回のすべての内容で一番重要なのは、


ろう者が声だし手話をしてしまうと

聴者は、

ろう者に対しての理解どころか

とんでもない「誤解」をしていってしまうこと!


ろう者が声を出した瞬間、


「あ〜、しゃべれるから私の声もわかるだろう」って

勘違いする。

ゆっくり話したり、大きい声を出せば通じるだろうって。


まあ、1対1ならそれもありだと思うけど


大人数でも大丈夫だろうって勘違いされる。


声を出した途端、声で通じると誤解され

筆談をしてもらえなくなる・・・


ということだ。



だから、ろう者が社会で賢く生きるためには、


聴者の感覚を利用した

「ろう」のアピールをすること。


「音声がない」という事を、はっきり示せば

聴者に強烈な印象を与えることになり

よって、筆談や視覚コミュニケーションを活用して

もらえることにつながる・・・というわけだ。



私たち聴者は、ついろう者は声を出して喋れた方がメリットが大きいと

思いがちだと思う。


社会に入った時、声で喋れた方が就職にも有利だろうと・・・

コミュニケーションにも有利だろうと・・・

だから、口話も身に着けさせたいと・・・それが、聴者の自然な思いだと思う。





だけれど、このようなろう者が直面した現実を聞くと

ろう者がろう者として真から満足して生きていくためには、

「声」ではなくやっぱり「手話」なのだと・・・思いました。



たぶん、それでもこの問題はなかなか

まだまだ答えは出ないと思う。





私は今、逆にとっても気になるのは・・・

ろう者や手話に何年も関わっているのに、

ろう者と話す時や、手話関係の会議などで

声だし手話をしてしまう「聴者」の事。


どうしてろう者に向かって「声だし手話をするの?」って

聞いてみたい。


先日、「城東地区」の研修会で

分科会テーマ「手話通訳」に参加した。

33人の参加者でろう者と聴者はちょうど半々だった。


テーマが「手話通訳」だから当然出席した聴者は

全員地域の手話通訳者だ。


でも、発言の時に声を出さずに手話だけで発表したのは

私だけだった。

同じ地域から参加したもう一人の仲間は、

まあまあ微妙、ちょっとだけ声ありって感じ。


他は、バリバリの声だし・・・

記録のための読み取り通訳がちゃんといるのだから

任せればいいのに・・・


手話の会議なのにね・・・って私は思うんだけど・・・



私1人だけだったから・・・

何故なんだろうって・・・


コーダでもなく、ナチュラルアプローチで最初から

教わった訳でもない私が


こんな風に強く思うのは



もしかしたら私は・・・

子供の時の体験のせいかなって


最近時々・・・思います。


そんなこと全く関係ないかもしれないけど

少しはあるのかなって・・・


それについてはまた・・・

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
行く予定だったので、内容が分かって嬉しいです。
サークルの時、更にお話していただけると
いいな〜と思ったり
たまご
2011/06/29 19:08
子どもの時の体験て??
イキ
2011/07/02 13:57
たまごちゃんとイキさんへ☆

とはいってもね、この内容について
みんなはどう思うのかな〜って思うんだよね。

多面的にね、考えていかなきゃいけないと思っています。

私の幼少期の体験もね、関係があるのかないのか

もう少し自分なりにじっくり考えてから整理してから

ブログにアップしようと思っているから、もう少し
待っててね。
せとちゃん☆
2011/07/02 21:25
うちが常に思うのが、声出しながら子育てしてるろう親
子どもが聞こえる=声出したり、声出し手話になる
その子どもか成長したときに、親に思う存分に言いたい事が言えない伝わらない
そういう事もろう者にも考えがて欲しい
イキ
2011/07/25 11:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
6月ろう者学セミナーについて 続き☆ キラキラ しゅわな空☆/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる